手の中にあるゼニカル

サプリメントにも健康被害がある

サプリメント

「痩せる」「健康になる」「美しくなる」といった宣伝を見ると、心の中では疑いつつも手を伸ばしてしまうのが人間です。
健康や美容に役立つサプリメントや健康食品等は、不況の世の中でも飛ぶように売れている製品の代表です。
確かにサプリメントや健康食品の中には、本当に良い効果を発揮してくれるものもあるでしょう。
また、国から認められていない製品でも、本来は体に良い効力を秘めているものもあるかもしれません。

しかし、だからと言って効果を期待しすぎてしまうのは考えものです。
医薬品などは薬ということもあり、健康被害などをよく考えて使う人が多いですが、ことサプリメントなどの補助的なものになると「副作用などないだろう」と甘くみてしまいがちです。

また、そのために用量を守らずに使ったりと、摂取のしすぎによる被害の可能性も出てきます。
あくまでも健康や美容の補助をするために使うのがサプリメント、というスタンスで使うのがベストです。

医薬品系の肥満治療薬には、例えばゼニカルがあります。
これは個人輸入代行店を通して通販購入が可能ですが、これに関しても肥満治療やダイエット、美容目的で使う際には補助的な位置づけで使った方が良いです。

ゼニカルは病院処方でなくても通販で購入できることもあり高度の肥満の人でなくても使用可能です。
しかし、通販のゼニカルだけに頼って自分で何も努力しないというのもダイエットとしては問題があります。

あくまで脂肪の摂取量が過剰になってしまった時に使うのが良い方法です。
また、効果を出したいからといって大量に使うことは健康被害の危険性があるので止めましょう。

サプリメントや健康食品、ダイエット薬などはあくまでも補助的な役割として使うのが良いでしょう。